メニュー

研究開発

機能高分子開発研究所

機能高分子開発研究所について

エポキシ樹脂の総合メーカーとして、エポキシ樹脂主剤、希釈剤、硬化剤などの樹脂原料の他、配合品の開発に取り組んでいます。ADEKAが培ってきた変性技術や硬化技術を強みとし、自動車用樹脂材料、電材用樹脂材料、繊維強化樹脂(FRP)用材料の研究開発に注力しています。

新規技術超速硬化レーザー接着システム

主な研究内容

自動車用樹脂材料

特殊エポキシ樹脂の他、樹脂素材の強みを活かした接着剤(配合品)の開発を行っています。欧州車で実績を積み上げてきた構造接着剤用樹脂のグローバル展開に加え、次世代自動車を含む車両向けに新規接着剤の開発を推進しています。また、高速処理が可能な硬化システムの開発にも取り組んでおり、次世代自動車分野の部品・部材へ不可欠な材料提供に取り組んでいきます。

電材用樹脂材料

ADEKAでは、電子材料用途におけるハロゲンフリーのトレンドに対応したエポキシ樹脂の開発を行っています。低塩素エポキシ樹脂として、「特殊品」「変性品」「汎用品」「希釈剤」「潜在性硬化剤」を取り揃え、顧客ニーズに対応した製品開発を進めています。

注目製品低塩素エポキシ樹脂

繊維強化樹脂(FRP)用材料

ADEKAの強みであるエポキシ樹脂の変性やアミン硬化剤による硬化技術を活かし、FRPに対応した速硬化可能な樹脂システムおよび材料の開発を行っています。風力発電用ブレードや環境配慮型自動車分野に用いられるGFRPやCFRPへの適応に向け、お客様と連携を取りながら進めています。

CONTACT

ADEKAに関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ