メニュー

CSR

社長メッセージ

社長メッセージ

持続可能な社会に向けてステークホルダーとともに社会が求める価値の共創に挑みます。 代表取締役社長 城詰 秀尊

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、お亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様には謹んで哀悼の意を表しますとともに、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 ADEKAグループは、「新しい潮流の変化に鋭敏であり続けるアグレッシブな先進企業を目指す」「世界とともに生きる」の経営理念のもと、イノベーティブな製品を創出し、本業を通じて社会に貢献する企業を目指しています。
 世界の人々が直面している様々な課題を解決し、豊かで安定した国際社会を実現するために、企業が果たすべき役割は大きいと考えます。社会の一員として、環境や社会に配慮し、健全で透明性の高い経営を実践するとともに、安心・安全で高機能・高品質な製品を継続してお届けすることが、創業以来変わることのない当社の果たすべき使命です。
 国連が採択した2030年をゴールとするSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けても、技術や資本、人財、ネットワーク等を持つ民間企業の積極的な取り組みが求められています。また企業活動のあらゆる局面で、すべての人間の尊厳と権利を尊重することは、企業に当然のこととして求められる社会的責務であります。加えて、近年激甚化する自然災害に鑑みれば、温室効果ガス排出の低減等、気候変動に対処する取り組みは喫緊の課題です。ADEKAグループでは、SDGsの達成に向けた挑戦に賛同するとともに、人権・労働、環境への配慮の視点で「バリューチェーンを通じて、私たちが貢献できることは何か?」ということを常に意識して活動する企業文化の醸成に努めています。
 CSRを推進し、社会とともに発展していくため、中期経営計画「BEYOND3000」の施策のなかで全社的なCSR推進体制の整備を進め、私を委員長とする意思決定機関「CSR委員会」と各部門長による「CSR推進部会」を設置しました。現在、CSR優先課題と課題に対するKPI設定を進めており、経営とCSRの統合を図り、さらなる企業価値向上、さらなる競争力強化を目指します。
 社員一人ひとりが日々の活動のなかで、CSRを考え実践していくことで社会貢献が身近なものとなり、ADEKAグループ全体がCSRを重視し、大切にすることに繋がると考えています。社内教育・啓発活動を繰り返しながら、CSRの実効性を高めていきます。

環境課題・社会的課題の解決と
ガバナンス体制の強化に向けて

 当社グループでは、経営理念に次ぐ指針としてCSRを推進し、経営基盤の強化を図っています。その上で私たちが社会的責任を果たすためには、環境(E)、社会(S)への当社製品による貢献と、社会とともに持続的に成長するためのガバナンス(G)体制の強化を明確にし、実行していかなければなりません。まず、環境(E)課題に対応するものとしては、脱炭素社会に貢献している製品が挙げられます。ガソリン車のエンジンオイルに添加するだけで燃費を向上させ、同時にCO₂排出量の削減も実現する「アデカサクラルーブ」は既に世界中へ展開しています。さらに、電気自動車等に使われるリチウムイオンバッテリーの劣化を抑制する電解液添加剤の開発も加速させています。また、食品分野でも、お客様の製造時間短縮によってCO₂排出量削減を実現する分散性の高い製パン向け油脂などの製品も提供しています。
 次に、社会(S)的課題に対応するものとしては、自動運転技術に欠かせないCMOSイメージセンサーや半導体メモリ向けに当社製品が多数使われています。また、食品分野では、食品ロス問題やRSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)に対応する製品を「おいしさをプラス」する形で提供しています。さらに、ライフサイエンス分野でも、世界の食糧問題に貢献する製品として、地球にやさしい農薬の開発・提供を行っています。
 ガバナンス(G)体制の強化としては、グローバル/グループ・コンプライアンス体制のさらなる強化、グローバル/グループ危機管理体制の強化に取り組んでいます。

ビジネスプラットフォームに必要不可欠な「素財」

 当社グループ創業103年の歴史のはじまり、その「創立趣意書」の中に次のような言葉があります。
 「本業亦一日を早むれば国利民福一日早く至るを覚ゆ」
 当社グループは人々のくらしに役立つものを、少しでも早く世の中に供給するために誕生しました。この精神は今でも私たちのDNAに刻まれています。しかし、103年という時間は市場構造を複雑化し、私たちの立ち位置からでは、私たちの成すべきことが見えづらくなりました。
 当社グループのビジネス形態は、「BtoB」です。そのため、直接のサプライヤー様やお客様しか見えていないビジネスも多く、私たちの製品がどのように社会の役に立っているのかわからないことがあるのも事実です。直接のお客様の「その先」の消費者、あるいは原料供給に関わるすべてのサプライヤーにまでサプライチェーンの視野を拡げ、当社グループが立っているビジネスプラットフォームが社会にとってどのような価値をもたらしているのか、しっかりと把握する必要があります。
 ADEKAグループには、前項でも紹介した通り、社会全体の環境負荷低減に繋がる製品・技術が数多くあります。私たちは、素材にさらなる機能性や耐久性、環境性能をプラスして価値を高めることで、「素材」を「素財」に変えて、今後も皆様に提供していきます。
 また、社会の継続的な発展に貢献する取り組みや社会的課題の解決に向けた施策をより一層強化し、ビジネスプラットフォームを構築している当社の製品が抜けてしまうとプラットフォーム全体が成り立たなくなるような、そのような大きな価値を提供し続ける企業であるよう、全社一丸となって邁進していきます。

最後に

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に拡大したことで、社会情勢が劇的に変化し、人々の価値観や社会からの期待も変化し続けています。私たちはこの変化に柔軟に適応していく必要があります。
 ダーウィンの進化論に、「最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない、唯一生き残ることができるのは変化できるものである」とあります。
 いつ如何なる変化の下でも世界の人々のくらしを豊かにし続けるために、サプライチェーン全体を俯瞰した上で、新しい潮流の変化を柔軟に捉えながら、事業を通じて地球・社会に貢献することで持続的成長を図っていきたいと思います。また併せて経営とCSRの統合を図り、社会的使命も果たしていきます。
 今後もステークホルダーの皆様のご支援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。



CONTACT

CSRに関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ