メニュー

注目製品・技術紹介

プラスチック用永久帯電防止剤

あらゆる静電気トラブルを解決
プラスチック用永久帯電防止剤(アデカスタブ AS-301E)

色調に優れ、多用途・目的に応じて取扱いし易い

アデカスタブ AS-301E外観

アデカスタブ AS-301Eは高分子型の永久帯電防止剤であり、ポリオレフィンや耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)など様々なプラスチックに対し高い帯電防止性能を発揮します。自動車内装や電化製品のハウジングなどの幅広い用途に用いられ、ほこりの付着による衛生面の悪化や電化製品の誤作動、電気回路の破壊を防ぐことができます。
また、アデカスタブ AS-301Eは自身が導電性を有するため大気中の水分の影響を受けにくく、低湿度環境においても半永久的に帯電防止性能を発揮します。さらに、従来の帯電防止剤は黄色みが強いため調色を妨げますが、アデカスタブ AS-301Eは白色に近いので、様々な色材への調色が可能となり、末端製品への応用が広がるメリットもあります。

物性表

外観

融点(℃, DSC)

1%重量減少温度
(℃, TGA)

表面抵抗率
(Ω/sq., 50%R.H.)

白〜淡黄色ペレット

約92

>300 (窒素雰囲気下)

107

効果の即効性と長期に渡る持続性

界面活性剤に代表される一次帯電防止剤は最も一般的な帯電防止剤ですが、表面に移行し大気中の水分を吸着することで帯電防止性を発揮するため、成形直後には帯電防止効果が発現できないことや拭き取りにより性能が継続しないことが問題となっています。
一次帯電防止剤と比べてアデカスタブ AS-301Eを添加したプラスチックは成形直後から表面抵抗率を下げることができ、拭き取ることによる性能への変化はありません。

帯電防止性能の変化

図 帯電防止性能の変化

静電気の抑制レベルを容易に制御

永久帯電防止剤の特徴を生かし、家電製品やフレコン内袋、溶剤搬送用コンテナ、液晶モジュールの搬送トレイ、電子部品包装材料など、家庭及び工業製品の様々な静電気による被害を防ぐ目的で活用されております。
例として、ポリプロピレンの場合、ほこり付着防止用途には5~8 wt%の添加、蓄電防止用途には10~20 wt%の添加を推奨しています。

ポリプロピレンでの帯電防止性能

図 ポリプロピレンでの帯電防止機能

用途(例)

図 用途(例)

CONTACT

化学品に関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ