メニュー

注目製品・技術紹介

環境配慮型安定剤

人にも環境にやさしく
環境配慮型安定剤

環境への配慮が求められる塩ビ用安定剤

パイプや窓枠などの硬質製品から電線やラッピングフィルムなどの軟質製品まで、様々な用途に活用されるポリ塩化ビニル樹脂(塩ビ)。この塩ビ製品に成型安定性と耐久性を与えるのが安定剤です。安定剤の主成分は金属塩で、塩ビの用途により使い分けられます。
パイプや窓枠のような硬質や電線被覆材などには有害重金属に分類される鉛化合物が長年使用されてきました。しかし、人体への影響や環境汚染への懸念から、現在、鉛化合物の忌避は国際的な流れになっています。

安定剤に使用される金属とその特性

金属種

記号

分類

比重

生体関係

カルシウム

Ca

アルカリ土類

1.54(軽金属)

必須元素

マグネシウム

Mg

アルカリ土類

1.74(軽金属)

必須元素

バリウム

Ba

アルカリ土類

3.50(軽金属)

随伴元素

亜鉛

Zn

Ⅱb族

7.12(重金属)

必須元素

Sn

Ⅱb族

7.28(重金属)

必須元素

カドミウム

Cd

Ⅱb族

8.64(重金属)

汚染元素

Pb

Ⅱb族

11.34(重金属)

汚染元素

 

Ba-Zn系

Ca-Zn系

Pb系

Sn系

Cd-Ba系

毒性

×

×

熱安定性

○-△

◎-○

滑性

×

◎-○

着色性

◎-○

透明性

◎-○

×

電気特性

塩ビ安定剤に鉛化合物を使用しない技術

ADEKAでは、鉛化合物代替のため、環境にやさしい電線被覆用安定剤を世界に先駆けて開発し、自動車電線ではトップシェアを持っています。家電、通信向けの電線や、窓枠などの硬質向け安定剤でも用途が広がっています。
今後もADEKAの持つ技術とグローバルネットワークを活かして、世界市場で環境にやさしい塩ビ製品の開発に貢献していきます。

CONTACT

化学品に関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ