メニュー

研究開発

食品開発研究所

食品開発研究所について

味、香り、食感に関する基礎的な研究から、新しい風味素材の開発、製品への応用展開など総合的な研究開発を進めています。「安心・安全」と「おいしさ」を最優先したADEKAの製品は、食品業界の中でも高い信頼を得ています。強みとする油脂加工技術を磨き、世界の豊かな食生活に貢献することを目指しています。

研究部門

油脂の精製、分別、エステル交換といった改質技術、油脂結晶や乳化構造をコントロールし、食品物性や風味発現などを向上させる技術開発を行っています。さらにこうした技術に基づき、「おいしさ」や「使い勝手」に貢献できる製パン・製菓用マーガリンや、各種フィリングクリーム、機能性マヨネーズなど、市場ニーズに応える新製品、新たなニーズを発掘する新製品の開発研究を進めています。

開発部門

お客様とともに考え、創造する姿勢の中から、日々変化する市場ニーズを適確に捉え、ニーズにあった商品開発、提案を行っています。こうしたお客様へのきめ細やかな対応を行うとともに、市場やお客様から汲み上げたニーズを基にした新たな研究テーマの探索も進めています。

リステクノプラザ

情報発信・技術交流の場として、お客様や専門家を招いて製品・技術の講習会や応用品の試作会、各種業界向け講演会などを開催しています。こうした活動を通じてお客様の商品開発力、知識・技術力の向上にお役立ちするとともに、活きた情報を汲み上げて開発・研究に結びつけています。

CONTACT

ADEKAに関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ