個人情報保護方針

Top > ADEKAグループソーシャルメディアポリシー

 株式会社ADEKAとそのグループ会社(以下「ADEKAグループ」という。)は、ADEKAグループ役職員のソーシャルメディア参加に関する基本原則を「ADEKAグループ ソーシャルメディアポリシー」として、以下のとおり定めます。

 本ポリシーは、ADEKAグループ役職員が個人で所有するアカウント、ADEKAグループ役職員が ソーシャルメディア内で行う全ての情報発信について適用されます。

 本ポリシーにおいて、「ソーシャルメディア」とは、WEB上で提供されるサービスのうち、ユーザーの積極的な参加や情報発信によって成り立ち、ユーザー間のコミュニケーションや情報交換を主要な価値として提供するサービスの総称を指します。

 ADEKAグループの役職員はソーシャルメディアの利用にあたり、以下を遵守します。

 

1.発信情報についての自覚と責任

  • 発信した情報は不特定多数の利用者がアクセスできること、一度発信した情報は完全には取り消せないこと、個人としての発言が所属先への批判につながる可能性があることを十分に理解し、節度ある態度で適切な情報を発信すること。
  • 誤った情報を発信したり、誤解を与える表現を行ったりした場合は、速やかにお詫びと訂正を行うこと。

 

2.法令・ルール等の遵守

  • 情報の発信にあたっては、法令、社会規範、社内規則を遵守すること。 また、自らの違法行為や非行をひけらかしたり、社会的に非難されるような不適切な発言を発信したりしないよう、留意すること。
  • 各ソーシャルメディアの規定を守り、各ソーシャルメディアの文化・マナーを尊重すること。

 

3.職務専念と公私の区別

  • ソーシャルメディアの利用が会社の業務として認められている場合を除き、勤務時間中にソーシャルメディアを利用しないこと。
  • 勤務時間内外を問わず、ソーシャルメディアへの私的な書き込みに、会社のパソコン、スマートフォンや携帯電話等を使用しないこと。
  • SNSの利用の際、同僚や部下のプライバシーに立ち入らないこと。

 

4.情報漏えいの禁止

  • 機密情報、個人情報、その他社外秘情報を公開しないこと。
  • 取引先、消費者、従業員をはじめとしたADEKAグループに関係する皆様(以下、「ステークホルダー」という。)の許可なく、ステークホルダーの情報について言及しないこと。

 

5.知的財産権・名誉等の権利侵害行為の禁止

  • 著作権をはじめとする第三者の知的財産権、プライバシー権等の権利を尊重し、名誉を毀損しないよう配慮すること。

以上