メニュー

投資家情報

ADEKA VISION 2025・中期経営計画

「ADEKA VISION 2025」の実現に向けて

ADEKA VISION 2025
先端技術で明日の価値を創造し、
豊かなくらしに貢献するグローバル企業

ADEKAグループは、「化学品と食品」のみならず、幅広い事業を世界中で展開し、メーカーとして世界の技術をリードしつつ、本業を通じて社会(豊かなくらし)に貢献するグローバル企業でありたいと願っています。

経営における位置付け

経営における位置付け

中期経営計画「STEP 3000-Ⅱ」(2015〜2017年度)

ADEKAグループは、「ADEKA VISION 2025」達成に向け、2015年度から2017年度までの中期経営計画「STEP 3000-Ⅱ」を策定。前中期経営計画STEP 3000の「3つの基本方針」を踏襲し、『売上高3,000億円のグッドカンパニー』を確実に実現させます。

中期経営計画の位置づけ

中期経営計画の位置づけ中期経営計画の位置づけ

基本戦略

  1. コア事業を中心とした規模拡大
    樹脂添加剤、食品セグメントのコア事業を中心に、売上高3,000億円を必達すべく規模拡大を図る
  2. 第3のコア事業の育成(情報・電子)
    「情報・電子」分野をADEKAグループの利益拡大を担う第3のコア事業として育成を図る
  3. 新規事業の育成や業容/領域の拡大
    既存事業の拡大に加え、新規事業の育成や業容/領域の拡大を早期に実現させるための効果的な経営手段としてM&A・アライアンスを活用する
    新規事業(特に注力する分野):『ライフサイエンス』『環境エネルギー』

3つの基本方針

中期経営計画の位置づけ

海外技術は、『売上高3,000億円のグッドカンパニー』の確実な実現、および『ADEKA VISION 2025』で目指す『技術立地なグローバル企業』に向けた取り組み。
人財は、それらを下支えする施策。

経営目標

 

2014年度

2017年度

連結売上高

2,143億円

3,000億円

営業利益

146億円

240億円

海外売上高

927億円

1,500億円

海外売上高比率

43.3%

50%

◆経営指標
営業利益率8%
累計投資額は約700億円
・3か年合計で400億円の設備投資を計画
・業容拡大、新規事業創出を目的にM&A枠として300億円を準備

CONTACT

投資家情報に関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ