メニュー

研究開発

機能化学品開発研究所

機能化学品開発研究所について

ADEKAの基盤技術である界面制御技術を活かし、潤滑油添加剤や化粧品原料、水系樹脂などの研究開発に取り組んでいます。エンジンオイル向け潤滑油添加剤では、評価試験設備を充実させ、年々強化される各国の環境規制に対応した開発を行っています。また、古くから取り組んでいる界面活性剤の技術を活かし、ゲル化剤やグリコール系保湿剤などの特徴ある化粧品素材や、環境に配慮した各種水系樹脂を開発しています。

主な研究内容

潤滑油添加剤

環境負荷のさらなる低減が求められる自動車産業に向けて、燃費向上、CO2低減に貢献するエンジンオイル用添加剤の研究開発を行っています。現在、国内の多くの新車の乗用車に使用されていますが、海外での需要も高まっていることから、評価設備を充実させ、市場開拓に注力しています。

注目製品潤滑油添加剤

水系コーティング材料

環境負荷が少なく人体にも優しい水系コーティング材料の研究開発に取り組んでいます。水に樹脂を均一に分散するため、長年培った技術のノウハウを結集し、VOC(揮発性有機化合物)対策や、環境配慮型製品として幅広い分野への展開を進めています。また用途に応じた機能付与型製品の開発にも注力しています。

注目製品水系エポキシ樹脂・水系ウレタン樹脂

化粧品原料

高い機能性とともに高度な安全性や長期保存性が求められる化粧品分野において、長年培った技術を活かし、独自性のある化粧品原料の研究開発に取り組んでいます。独特な使用感と高い弾力性を付与するゲル化剤をはじめ、特徴ある製品の拡販・品種拡充を進めています。

注目製品機能付与型化粧品原料

CONTACT

ADEKAに関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ