メニュー

注目製品・技術紹介

グラフェン

グラフェン

リチウムイオン二次電池導電助剤

当社ではリチウムイオン二次電池の正極に使用される導電助剤としてグラフェン分散液を開発しております。現状、導電助剤としてはカーボンブラックやカーボンナノチューブ(CNT)などが一般的に使用されております。当社のグラフェンはこれらのカーボンブラックやカーボンナノチューブと併用して使用することで電極の抵抗を下げ優れたレート特性やサイクル特性(寿命)を発現させることが可能です。NCM,NCA,LFP,LCO等様々な正極活物質で効果あることを確認しております。
また、当社のNMP溶媒を使用したグラフェン分散液はカーボン濃度が高く電極スラリー混練時の不揮発成分割合(固形分濃度)を上げることが可能です。

グラフェン

レート特性

グラフ カーボンブラックと当社グラフェンを併用グラフ MWCNTと当社グラフェンを併用

カーボンブラックやカーボンナノチューブとの併用でレート特性が向上

高温サイクル特性

グラフ カーボンブラックと各種カーボン材併用時の比較

カーボンブラックとの併用でサイクル特性が向上

CONTACT

化学品に関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ