メニュー

CSR

ADEKAグループCSR基本方針・CSR優先課題

ADEKAグループCSR基本方針

ADEKAグループは、
公正・透明な企業活動を通じて、
「技術」と「信頼」でステークホルダーの期待に応え、
持続可能な社会に貢献します。


 ADEKAグループCSR基本方針は、持続可能な社会への貢献という観点から当社グループが経営とCSRを統合し、社会・ステークホルダーの期待に応え、企業価値向上を目指す基本姿勢を表現したものです。
 この基本方針のもと社員一人ひとりがCSRを実践し、サプライチェーン全体で企業の社会的責任を果たすとともに、様々な社会的課題に対し“素財”メーカーとして価値を提供します。さらには変化し続けるステークホルダーの期待に応え、本業を通じて持続可能な社会に貢献することで企業価値を高めていきます。

ADEKAグループCSR優先課題

 ADEKAグループが社会の一員として持続的成長を遂げていくためには、本業を通じた社会的課題の解決や積極的に社会の発展に貢献していくことが重要です。こうした考えをグループ全体で共有し、一丸となって取り組んでいくために、社内外のステークホルダーにとっての重要性や当社ビジネスにおける重要性をふまえて、E(環境)・S(社会)・G(ガバナンス)に分類した7つのCSR優先課題を特定しました。
 SDGs 17のゴールの目標年度である2030年を念頭に目標(KPI)を定め、取り組みを推進していきます。




CONTACT

CSRに関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ