メニュー

研究開発

環境・エネルギー材料研究所

環境・エネルギー材料研究所について

環境・エネルギー分野全般に貢献する材料創成に向け研究開発を推進しています。低環境負荷、発電、蓄電、パワーエレクトロニクスをキーワードとし、太陽電池、Liイオン電池向け材料の開発や、環境命題の探索と技術開発を行っています。電子材料・情報化学品分野で培った材料技術を活かし、環境・エネルギー問題への貢献を目指していきます。

主な研究内容

グラフェン

グラフェンは、その特徴的な導電性、熱伝導性、機械的強度などから、「奇跡の材料」として、次世代エレクトロニクス分野の他、幅広い分野への応用が期待される材料です。ADEKAでは、量産化に向けた製造技術開発の他、エネルギーデバイス用の電極や樹脂シートなど、グラフェンの用途開発にも注力しています。

新規開発品
グラフェンに関するプレスリリース

二次電池向け材料

リチウムイオン電池に代表される二次電池は、蓄電容量の大型化に伴い充放電速度ならびに安全性の向上が課題として挙げられます。安全性、耐久性、ならびに充電効率の高い次世代二次電池開発に貢献すべく、独自の電解液添加剤ならびに電極材料の開発に取り組んでいます。

色素増感太陽電池用色素

機能性有機色素により光電変換効率を向上させる色素増感太陽電池向けに、光の吸収量や吸収波長領域を増やす色素材料の開発を進めています。いかに光エネルギーを効率よく吸収し電荷を発生させ半導体に移動させるかがポイントであり、材料構造と発電量の関係などから、社外との連携を通じて、最適な材料の創生に注力しています。

新規開発品に関するお問い合わせ

CONTACT

ADEKAに関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ