メニュー

食品

私たちの強み

おいししさと安心のベストパートナー

ADEKAグループの食品事業「RISU BRAND」は「おいしさと安心のベストパートナー」をモットーに、「安心・安全」、「おいしさ」、「健康」の3つのベクトルから様々な提案を行っています。

油脂結晶調整技術 乳化技術 風味調整技術

高い信頼の油脂加工技術

1929年に「リス印」マーガリンの製造を開始して以来、ADEKAのRISU BRAND製品はベーカリーや洋菓子店、スーパー、コンビニエンスストアに並ぶパンや菓子をはじめ様々な加工食品の原材料に独自の技術で開発した付加価値の高い製品を提供し、豊かな食生活のお手伝いをしています。
例えば、製パン・製菓市場に、食感、香り、味に関する基礎的な研究から新しい風味素材の開発、製品への応用展開など総合的な研究開発を進め、マーガリン・ショートニングなど付加価値の高い油脂製品を提供しています。また、業界に先駆けて取り組んできたトランス脂肪酸低減製品や食品添加物の低減製品など、「安心・安全」とおいしさを最優先したADEKAの製品は食品業界のなかでも高い信頼を得ています。

オールマイティなラインナップ

マーガリンの製造から始まったRISU BRANDはこれまでに油脂結晶調整技術、乳化技術、風味調整技術など様々な技術を培ってきました。これらの技術を組み合わせることにより、パンのふっくらとした焼き上がりやジューシーな食感を実現するマーガリン・ショートニング、揚げ物の香りとコクやうまみを支えるフライ用油脂、シャープな口溶けのチョコレート用油脂などの高い機能を持つ加工油脂製品や、デザートに欠かせないみずみずしいおいしさと高い安定性のホイップクリーム、パンや菓子のメニュー作りを広げるフィリングクリーム、冷凍からそのままレンジアップが可能なマヨネーズソースなど、オールマイティなラインナップの業務用食品素材を製パン、製菓をはじめ、外食、即席麺、冷凍食品、飲料、健康食品など食品業界の様々な分野のお客様に提供しています。なかでもパン、洋菓子用の製品は、大量生産の工場ラインでの使用に適した製品から、バターや生クリームなどの乳製品にはない特長を持ちリテールの専門店で使用される製品まで幅広く取り揃えています。

食の安全への取り組み

ADEKAは、食品を取り扱う企業として、「安心・安全」な製品を提供しています。
「5S」「4つの安全(労働・品質・設備・環境)」「PDCAサイクル」を基盤とする改善活動を積極的に推進し、原料から配達までのサプライチェーン管理による品質安全活動を推進することで、お客様に信頼され、安全で、高品質な製品をグローバルに提供しています。
品質安全については、毎年「品質安全方針」を策定し、研究開発・調達・製造などすべての部門で品質向上に取り組んでいます。安全が確認された原料のみを用いるように独自の原料情報管理システムで原料選定の段階からより厳しく管理しています。生産設備は、従来の機能だけでなく、映像の活用、定温管理の徹底、工場入場認証システム、高度な分析機器など時代の要求にあったものに計画的に更新しています。生産工程は、工場毎にその規模に合わせたマネージメントシステムで、管理を行っています。古くは「TPM活動」がその例でしたが、現在は「ISO9001」「HACCP」を基盤に、それを包含した「FSSC22000」、「AIBフードセーフティ(GMP)」などの考え方を取り入れています。国際規格「FSSC22000」については、当社国内3工場はそのすべてで、グループ・海外関連会社は、5つある工場のうち、3工場でその認証を得ています。

CONTACT

食品に関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ