メニュー

CSR

特集:ADEKAの環境貢献製品

ADEKAの環境貢献製品

摩擦低減により自動車業界のCO₂削減に貢献

「アデカサクラルーブ」

 「アデカサクラルーブ」は、「有機モリブデン系潤滑油添加剤」と呼ばれるADEKA独自の技術で開発した添加剤です。サクラルーブを配合したエンジンオイルを使用することでエンジン内部の摩擦や摩耗を低減し、省燃費・CO₂の低排出化を実現。また、酸化防止効果によるエンジンオイルの長寿命化、摩耗防止効果による機械寿命の延長などのメリットも有します。
 「アデカサクラルーブ」による燃費改善率は最大1.7%。現在国内では多くの新車に使用されるなど、その性能は高く評価されており、国内だけでなく欧米、中国、韓国、インド、インドネシアなど20か国あまりに輸出しています。今後はトラックなどの大型車種向けの提案を急ぐとともに、さらなる研究開発に邁進していきます。

摩擦低減メカニズム

 サクラルーブがエンジン部品表面に吸着し、摩擦されるとMoS2(二硫化モリブデン)皮膜が形成されます。MoS2は層状構造をとっており、弱い力で層間が剥離することで、エンジン部品間の摩擦を低減します。

賞味期限延長により食品ロス削減に貢献

製パン練込用油脂「マーベラス」

 焼き立てパン特有のソフトさ、歯切れ、口どけ、しっとり感といった品質を長く維持し、賞味期限の延長を可能にする機能性油脂です。パンに限らず、製菓や洋菓子、土産菓子などにおいてもニーズ拡大による市場展開が期待できます。

冷凍耐性ホイップクリーム「アレンジホイップFC」

 フルーツソース等のブレンドする素材の風味を最大限に引き出す機能を持たせた冷凍耐性のある素材混合用ホイップクリームです。解凍後も風味劣化や離水による商品価値低減を抑制し、出来立てのおいしさを保つことで洋菓子市場における食品ロス削減に貢献します。



CONTACT

CSRに関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ