メニュー

CSR

ADEKAグループの価値共創

ADEKAグループの考える価値共創

 ADEKAグループは、2025年のありたい姿「ADEKA VISION 2025」を掲げ、“先端技術で明日の価値を創造し豊かなくらしに貢献するグローバル企業”を目指しています。経営理念の実践がCSR活動の基盤であり、ステークホルダーとのコミュニケーションを深めながら、バリューチェーンを通じた社会価値と企業価値の“共創”を図っていきます。

ADEKAグループの社会価値創造

画像クリックで拡大

「企業力」による社会的課題への挑戦

 「2030年までに持続可能な開発のための諸目標を達成すべく力を尽くす」とするSDGs(持続可能な開発目標)は、企業が培ってきた技術や資本、人財、ネットワーク等による社会的課題の解決に大きな期待を寄せています。ADEKAグループではSDGsの挑戦に賛同するとともに、「バリューチェーンを通じて、私たちが貢献できることは何か?」ということを常に意識して活動する企業文化の醸成に努めています。

「ADEKA VISION 2025」の実現に向けて

 ADEKAグループは、2025年のありたい姿「ADEKA VISION 2025」を掲げ、“先端技術で明日の価値を創造し豊かなくらしに貢献するグローバル企業”を目指しています。
経営理念の実践がCSR活動の基盤であり、ステークホルダーとのコミュニケーションを深めながら、バリューチェーンを通じた社会価値と企業価値の“共創”を図っていきます。

ADEKAグループの社会価値創造

画像クリックで拡大



CONTACT

CSRに関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ