メニュー

What's New

2022年

先端半導体メモリ向け高誘電材料の生産能力を増強

2022年07月22日

 ADEKAはこの度、連結子会社のADEKA KOREA CORP.にて、先端半導体メモリ向け高誘電材料「アデカオルセラ」シリーズの生産能力増強を決定しましたのでお知らせいたします。

 5G通信の拡大やAI、メタバースをはじめとした高度ICT社会の実現に向けて、半導体市場は2030年に1兆ドル規模に成長すると見込まれています。なかでもDRAMは、パソコンやスマートフォン、データセンターなど高度かつ大容量な情報処理が求められる用途で需要が伸長しています。また、大容量化や消費電力削減などのニーズを背景にDRAMの微細化が進行しており、これを下支えする先端半導体材料の安定供給が鍵を握っています。
 先端DRAMの微細化に欠かせないADEKAの高誘電材料「アデカオルセラ」シリーズは、世界シェア No.1の半導体材料です。2021年にADEKA KOREA CORP.全州第二工場内に一貫生産体制を構築するなど、先端製品を迅速かつ安定的に供給するための取り組みを推進してきました。この度の増強により生産能力を2倍以上に引き上げ、より万全な供給体制を構築します。
 半導体材料のさらなる技術革新が求められるなかで「アデカオルセラ」シリーズは、現行世代からさらに数世代にわたって使用される見通しであり、当社グループの利益拡大に貢献することを見込んでいます。

 ADEKAグループは最先端EUVフォトレジスト向け光酸発生剤の能力増強(千葉)、先端ロジック半導体向け材料の新プラント建設(台湾)など、先端半導体分野へ積極的に投資しています。
 今後も日本をはじめ、韓国、台湾、米国での研究開発・生産・販売体制の強化・相互連携により、高度ICT社会の実現に貢献してまいります。

生産能力増強の概要

       

所在地

ADEKA KOREA CORP. 全州第二工場(韓国 全羅北道 完州郡)

投資金額

23億円

生産能力

現行の2倍以上

スケジュール

着工:2022年11月予定
営業運転開始:2024年度中予定

CONTACT

ADEKAに関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ