メニュー

化学品

プラスチック用添加剤

難燃剤

アデカスタブ FPシリーズ(ノンハロゲン系難燃剤)

性状の比重(25℃/25℃)、粘度(25℃)、融点は各々代表値を示す。以下同様。

食品接触用途認可の詳細(ポリマー種、添加量制限、用途制限など)につきましては当社研究所、または担当営業部署までお問い合わせください。

アデカスタブ FP-600

5945-33-5,181028-79-5
性状 無色液体
比重(25℃)1.26
粘度(70℃)120-220mPa・s
既存化学物質番号 (3)-4400
食品接触用途認可
(日本)
荷姿 C/N
20kg
D/M
220kg
特徴 ノンハロゲンの縮合リン酸エステル系難燃剤。低揮発性であり、耐加水分解性、耐熱性に優れる。主にエンジニアリングプラスチックに使用され、優れた難燃性を付与する。
IUPAC Phosphoric trichloride,reaction products with 4,4'-isopropylidenediphenol and phenol

アデカスタブ PFR

125997-21-9
性状 無色液体
比重(25℃)1.30
粘度(25℃)500-800mPa・s
既存化学物質番号 (7)-2346
食品接触用途認可
(日本)
荷姿 D/M
220kg
特徴 ノンハロゲンの縮合リン酸エステル系難燃剤。優れた難燃性の付与が可能で、主にエンジニアリングプラスチックに使用される。
IUPAC Phosphoric trichloride,polymer with 1,3-benzenediol,phenyl ester (主成分)

アデカスタブ FP-900L

[n=1] : 60-70%
1003300-73-9
性状 無色もしくは
淡黄色液体
比重(25℃)1.30
粘度(70℃)260-450mPa・s
既存化学物質番号 (7)-2922
食品接触用途認可
(日本)
荷姿 D/M
220kg
特徴 ビスフェノールAフリーのノンハロゲン縮合リン酸エステル系難燃剤。
従来のリン酸エステル系難燃剤と比較して難燃性、耐熱性に優れ、高い荷重たわみ温度(HDT)を可能とし、材料の薄肉化に貢献する。
IUPAC Phosphoric acid, mixed esters with [1,1'-biphenyl]-4,4'-diol and phenol

アデカスタブ FP-2100JC

複合物
性状 白色粉末
既存化学物質番号 認可済
食品接触用途認可
(日本)
荷姿 B/G
20kg
特徴 ノンハロゲン系のイントメッセント難燃剤。従来のイントメッセント難燃剤と比較して耐熱性に優れ、高温加工が可能であり、ポリオレフィン、熱可塑性エラストマーに使用される。FP-2200Sよりも高い耐熱性を有し、優れた難燃性を付与するとともに燃焼時のガス発生を抑制する。
IUPAC 複合物

アデカスタブ FP-2500S

複合物
性状 白色粉末
既存化学物質番号 認可済
食品接触用途認可
(日本)
荷姿 B/G
20kg
特徴 FP-2200Sの粉塵性を改良し、ハンドリング性に優れる。
IUPAC 複合物

アデカスタブ FP-2600U

複合物
性状 白色粉末
既存化学物質番号 認可済
食品接触用途認可
(日本)
荷姿 B/G
20kg
特徴 熱可塑性ポリウレタン向けに開発したノンハロゲン系のイントメッセント難燃剤。従来のイントメッセント難燃剤と比較して、燃焼試験時の垂れ落ちを抑制し、低添加量で優れた難燃性を付与することができる。
IUPAC 複合物

CONTACT

化学品に関するお問い合わせは、
フォームまたは電話・FAXにて承ります。

ページトップへ